オスマン史研究会(第1回ボアチ・エルゲネ氏講演会)(2015/10/28)のご案内

イベント

(10/26)会場が総合研究2号館4階第一講義室(AA401)から、同じ建物の4階カンファレンスルーム(AA463)に変更になりました。

NIHUプログラム、イスラーム地域研究東洋文庫拠点では、科研費基盤(B)「17~19世紀オスマン帝国における近代社会の形成」(研究代表者:秋葉)及び京都大学拠点(KIAS)と共催で、オスマン史研究会(ボアチ・エルゲネ氏講演会)を下記の要領で開催することとなりました。

この度の研究会では、シャリーア法廷台帳を用いた多数の研究で知られるボアチ・エルゲネ氏を米国からお招きし、法廷台帳研究の方法論について語っていただくことになりました。皆様ふるってご参加ください。

「オスマン史研究会(第1回ボアチ・エルゲネ氏講演会)」

【日時】:2015 年10月28日(水) 18:00~20:00
【場所】:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館4階カンファレンスルーム(AA463)(〒606-8501 京都市左京区吉田本町)
会場アクセス:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/ (地図中の34番)

【プログラム】
司会 秋葉淳(千葉大学文学部)
18:00- 19:00 Boğaç A. Ergene(ヴァーモント大学准教授)
Making the Case for Quantitative and Economic Approaches to Ottoman Legal History
19:00~20:00 質疑応答・討論

(使用言語:英語、通訳なし)

※第2回講演会は10月31日(土)に東京(東洋文庫)にて開催されます。こちらにもぜひご参加ください。

連絡先:秋葉淳
千葉大学・東洋文庫
akibajun(a)yahoo.co.jp  ※(a)を@に変えて下さい。

« »